子育て中は家飲みが最高!家族や友人と、簡単おもてなしで子どもも大人も楽しむ方法

あなたが輝くライフスタイルを提案するyasuko styleの川中靖子です。

昨日は「ワイン検定を受けます!」なんて宣言してしまったので、夜少し勉強しました。すればするほど難しく、ふて寝しましたよ笑

子どもが小さいうちは、なかなか外食が難しいと思います。今日は私がよく実践している家飲みについてのちょっとしたノウハウをお伝えしたいと思います。

独身時代〜結婚しても夜は自由だった

私は元々付き合いのいいタイプですし「仕事がうまくいった」「花金だー」と言っては仕事帰りよく飲みに行っていました。会社の近くには安くて美味しいお店が沢山あったのです。

量は飲みませんが基本的にどんな種類でも飲めるので「中華には紹興酒」「イタリアンならワイン」「焼肉ならビール」「鍋には日本酒」など料理に合わせて楽しむのが大好きでした。

子どもができてからの環境の変化

私の場合、三回出産しているので、約6年間は妊娠中&授乳中の為楽しめず、お酒もどんどん弱くなるし、子連れで外食するほど大変なことはないので(時々行っていましたが)若干ストレスでした。※妊娠中に体質が変わる人も多いようですが、私は全く影響なかったのが残念

宝物を手に入れたから仕方はないけど、なんとかならないかな〜と思っていましたがいい方法を思いついたのです。それが家飲みでした。

家飲みを楽しむ為の3つの鉄則①まずは自分の家に誘おう

自分のいつものご飯を食べてもらうことからスタートさせます。働いていて人を呼んでまで作る時間が無いなら、買ってきたものでもいいですし、ハードルを下げてまずは家に来てもらうところからはじめましょう。できれば自分が仕切ってしまうのがオススメです。「私は鍋を作るから子ども用に唐揚げ買ってきて」「ビールならあるよ」その時に「手ぶらで来てね!」「材料費だけ精算させて〜」など一言添えておくのもいいと思います。

例えば

豚バラと白菜があれば切って入れるだけの鍋!子ども用にお米だけ炊いておきます。

大人用にはちょっとしたつまみ

昨日の残りを小鉢に入れて出すことも^^

休日など時間がある時には

餃子パーティなんかもいいと思います!この日はみんなで包んで100個以上焼きました。

家飲みを楽しむ為の3つの鉄則②大人と子どものゾーンを分けておく

大人がダイニングテーブルでお酒を楽しむなら、おつまみを食べながらおしゃべりするので一緒に食べると時間差が出てきます。慣れてくると2〜3家族の対応ができるようになるので、テーブルは大人、低いテーブルは子どもというように場所が分けられるとゆっくりと過ごせます

いつも子ども用に隣の部屋にある低いテーブルを出しています。この日はよく食べる男子が5人いたので、大量にミートソースを作り、子どもにスパゲッティとサラダ、大人にはジャガイモをチンした上にソースとチーズを掛けてトースターで焼いたものを出しました。

この日は長男の友達が4人、とその兄弟の計7人を私とママ友の二人でした。私達は乾杯だけしてつまみつつ、ご飯の準備を。子ども達も大きくなってきたので、作るところから手伝ってくれました。成長したな〜

時々だれか大人が子どもチームに混じって遊んでくれたりも。その間にちょっとしたものが作れます。

家飲みを楽しむ為の3つの鉄則③いろんな家飲みのシーンをアレンジする

誰かを家に招くだけで「家を片づけないといけない」「トイレ掃除をしたり玄関をキレイにしないと」と負担は大きいと思うのですが、逆に考えると、家に来てもらうからこそ家がキレイになる!!ということにも。小さい子が居ると出掛けるだけで大変です、、、でも家なら来てくれるし、自分で帰ってくれるのでかなり助かります。

私は花金で夫が不在の時に友達を呼ぶ場合は、ほとんど事前準備ができません。(それも、ぶっつけ本番で楽しい)ただ、少し時間がある休日なら事前に仕込めるのでかなり楽!

料理教室で以前習ったレシピをお友達に食べてもらうという試みを!!

サバ缶とシソ、玉葱やマヨネースと合えただけで美味しいサンドなので好評でした!

「ふるさと納税で届いた扱い方のよく分からないズッキーニが届いたから食べに来ない?」とネタにして家に呼んだり

なんどか家飲みを重ねてくると友人達にもいろいろと変化が

みなさんが、いろんな美味しいモノを持ってきてくれるようになりました〜はじめから「持ち寄りにしよう!」と言うとハードルが高く誰が何を担当、となりますが、だんだん自分のポジションも見えてきて、お料理好きの友人の料理はどんどんレベルが、、、

次はお呼ばれしちゃいましょう♩

家によく人を呼ぶようになると「今度は家に来てね」と言ってもらえるようになります。喜んで行かせてもらっています。

大家族な私の友人の料理はダイナミックで子どもも大人も美味しいものを作ってくれます!癒されるのでよく遊びに行きます。

よく飲んでいるとってもご近所のお友達の家にて。

いつも私が作れないような品々が並んでいて、「どーやって作るの!?」「簡単だよー」と料理トークが盛り上がります。器の選び方や素材の活かし方が上手。

私も家にあるモノで何か作って持っていくようにしています。これは必ずしないといけない訳でもなく「朝から忙しくて作れないからごめん!」とか「パンとチーズとデザート駅前で買っていく」「おにぎりだけ握ってくね」でもなんでも。

準備、片付けを手伝う

私がお呼ばれした時は、ホストの友人がしんどくならないように、出来る限り(酔っていなければ)食器を下げたり、洗い物をするようにしています。

自分でもてなして、片付けまでやっていたら相当な労力だからです。私自身も手伝ってくれる人には甘えますし、もっと楽なやり方(バイキング形式にするとか)を試していこうと思っています!

お茶の代わりに一杯出してみる

最近週末は長男のサッカーの試合があるので、家族全員で出掛ける機会が減ってしまいました。でも下の子たちは家に居るので、家に子どもの友達が遊びに来ていることが多くなりました。

昼間だとコーヒーを入れることが普通だったのですが、何度か家飲みしている友達なら予定を聞いて一杯しちゃってもいいかも。

ワインショップ「チェノビノ」のお気に入りの白

ナッツとレーズンくらいで、昼から飲むのもいい感じ。帰ってご飯を作るママにとってはちょっと楽しい一時に。

最終的には本格的に自宅で開催

ワインや料理関係者の方とのご縁をつなぐべく、ワイン会を自宅で開催しました。グラスは持ってきてもらい、料理も我が家で仕上げてもらうなど工夫して行いました。私のつたない家庭料理も出しました。(ここには載っておりません)

普通に暮らしている我が家で、大好きな仲間同士のご縁が繋がったり、ほんとにワインが好きで、食べることが好きな人との時間がとっても幸せでした。特にワインは原価が安くお店で飲むことに比べるとお得なので家飲みできるものならしたいと思ってしまいます。

最後の紹介記事はちょっとハードルを上げてしまったかもしれませんが、小さなおもてなしは日々の積み重ねだと思うのです。

家に友人が来てくれる、自分の料理を食べてくれる、子どもも楽しそうで、大人も楽しい、こんな時間があると、大変な日常も輝きます。

まずは「冷凍餃子買いすぎたから一緒に食べない?」でもいいと思います。家飲みはとってもオススメです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

〈講座、メルマガ、メニュー〉

□『これだけで収納は上手くいく!日々の動線を見直して 7日間で学ぶ無料メール講座』☆受講終了後にメルマガに移行(いつでも配信停止可能です) → 詳細はこちら

 

□収納コンサルティングやお片づけサービスについて → 詳細はこちら※ご検討の方はサービスの流れもお読みください

 

□片付けの仕事をやってみたい!資格を活用できていない方、現場ノウハウを学んでみたい方向けの講座

 

★まずは15分、無料電話相談が受けられます★