憧れのアイランドキッチン♩「建築規制をクリアするための段差」を活かしたセンスが溢れる空間

「家族の絆が深まる家作り」で

 あなたの家をパワースポットに

リノベ級片付け&間取り革命の川中靖子です。

アイランドキッチンで両側からのアクセスを可能に

友人のお宅です。昨日はじめてうかがったのですが、あまりにも絵になっていたので後ろから撮らせてもらいました♡

築一年ですが。生活しているように見えないくらいキレイでセンスが抜群!私がショウルームにいったら「このテイストでお願いします」と言うだろうキッチンを目の前に圧巻でした!

もし自分が一から決められるなら、アイランドキッチンかな〜と。両側からアクセスしたいという理由です。

お手伝いするなら、家族がみんな料理するなら、シンク側からとガス側からアクセスできると便利ですよね!(お掃除問題さえクリアできればOK)

 

片付けに悩まない家

実は娘のバレエのお友達の家なのでした〜

とっても素敵なご家族で、一年以上お付き合いがあって娘も仲良くさせてもらっていて、この度お呼ばれしてきました♩

 

「夫が家のことを考えるのが得意だからほとんど決めてくれたの」と妻。

えーーー1ミリも嫌味がなくて尊敬しか感じられない、、、

「どうしてそんな関係性が築けるの??」と内心思いつつ、質問攻めの私。

 

夫「あんまりモノを持たないからかなぁ」

妻「夫は…ほんとにマメだし、家事もできるから、私も見習って真似できたらと思って」

夫「妻には日頃子どものこととかやってもらっているからなぁ。こだわりがある僕の趣味だから^^」

 

夫婦には見えない部分でいろいろあること前提だとしても、お互いを思いやっていて役割分担がはっきりしているのでうまくいくのかなと想像できました。

日頃、家のことや夫婦のことで悩んでいる人がほとんどなので「片付けに悩まない夫婦」を目の前に、何が秘訣なのだろうと、ただただ質問を繰り返す私でした笑

 

 

日照権を守る建築規制をクリアするための工夫

リビングに段差がありました。わざとなのかなと思っていたら、隣の住戸との日照に関する建築基準法で、どうしても駐車場から上の床を下げないといけなかったそうです。

「素晴らしい建築家は厳しい規制があると燃える」と聞いたことがあります。大変なことも、こうやって、間取りや使い方を工夫することでその家の個性になっていくんですね♩

 

私自身は娘と二人の楽しい時間になりました。習い事はバレエだけなので、初めて保育園とお兄ちゃんズの友達以外のお家に遊びに行ったのが、嬉しくて嬉しくて…

今度小学校も同じになる友達が居ることで心強いと思いました!妹ちゃんもいて、女子三人の可愛い姿を見たのも新鮮でした。これからも仲良くしてね〜♡

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?世の中には毎日の片付けに悩んでいない人もいました!笑

私も悩みは減ってお家は楽しんでいるけど、今度は学習机問題(まだ解決していない)、日々の散らかりをどこまで減らすのか戦っています。

人それぞれ悩みは違うので、家のことで悩んでいないから幸せとかそんな簡単な話でもないのですが、日々のストレスは随分違うと思います。

とっても素敵なお家でしたーそして勉強になりました^^ありがとうございました!!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

〈講座、メルマガなどのご案内〉

□川中靖子のメルマガ『暮らしすっきりが実現!あなたの家がパワースポットになるメルマガ』毎週木曜配信 → 詳細はこちら

 

□Facebookグループでオンライン片付け会など開催中!※承認制お家ワクワクProject!片付け&模様替えで家族関係が変わる

 

★お問い合わせはお気軽にどうぞこちらから