インテリアのカラーセンスはどこで磨く?日常の意外なところにヒントが隠れています

あなたが輝くライフスタイルを提案するyasuko styleの川中靖子です。

インテリアコーディネートというと何色と何色を合わせればいいのかなど、難しいイメージがありませんか?世の中の「センスがいいな〜」にはカラクリが。

意外なところでセンスアップできるテクニックをご紹介します。

この赤ずきんの絵本オシャレじゃないですか!?

友達に借りている本なのですが、色の使い方がすごく上手ですよね。

あの有名「赤ずきん」

私の持っているものと何かが違う、、、

沢山の色が使われているのに、なぜか全てがしっくりくるのは色のトーンが揃っているからです。

この絵の中に「蛍光色」や「パステルカラー(淡い色合い)」「ビビッドカラー(鮮やかな絵の具のような色)」が混ざっていると違和感が出ます。

この絵の場合は、どのページも単色に少しグレーを混ぜたような、複雑な色をしています。

家のインテリアも、全て同じテイストにしなくても、子ども部屋はビビッドカラーでトーンを統一したり、寝室はモノトーンに差し色だけアクセントで入れるなど、部屋ごとにある程度トーンが揃えば、落ち着いたオシャレな空間になります。

絵本がとっても素敵だったので「なんでこんな色合いが魅力的なんだろう」と謎解きしました。

いいな!と思うのには訳があります^^あなたの周りの素敵だなと思う絵本やポスター、観察してみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

〈講座、メルマガ、メニュー〉

□『これだけで収納は上手くいく!日々の動線を見直して 7日間で学ぶ無料メール講座』☆受講終了後にメルマガに移行(いつでも配信停止可能です) → 詳細はこちら

 

□収納コンサルティングやお片づけサービスについて → 詳細はこちら※ご検討の方はサービスの流れもお読みください

 

□片付けの仕事をやってみたい!資格を活用できていない方、現場ノウハウを学んでみたい方向けの講座

 

★まずは15分、無料電話相談が受けられます★